中洲の屋台

ゴールデンウィークは家族で福岡に遊びに行きました。

初日は「スペースワールド」で子供と絶叫系スペシャルでした。


まあ、終わらない・・・

一番緊張して、一番面白かったのが 「ザターン」というコースター。


なんと初速130km/hで約2.5秒走り

そこから垂直に上がり、頂上までが約6秒。

それから真っ逆さまに降りて、合計約16秒くらいで終わるというコースターです。

一番怖かったのが、スタートでしたね。

いつスタートするのかドキドキでした(^^;

現在速さでいうと、ザターンは 全国で2位だそうです。

では1位は?

富士急ハイランドのドドンパ

スタートから1.8秒で172kmに達するというのですから

挑戦したくなりますね(笑)

さて、2日目は・・・

海ノ中道水族館に行きました。

色々な海の生き物に感動をもらいました。

生活環境に順応して生体まで変えていく姿は

「生きる」という意味を教えてくれました。




そして、大好きなイルカショー

スマホで撮った割には絶妙なショットでしょ(笑)

色々な芸をするイルカ。

どんな脳をしているのだろう?

愛らしい顔に鳴き声・・・

癒されました。


さて、ゴールデンウィークといえば

福岡は  「博多どんたく」でした。

書くと長くなるので省略しますが

色々な衣装を着た団体が演奏や踊りを披露して賑わっていましたよ。

今回一番楽しみにしていたのは

子供たちに 「屋台」を体験させてやりたい・・・

というより(笑)本当は私が屋台で飲んで食べたかったからです。

少し早目の時間に行きました。

夕方5時ごろから屋台が開くのですが

ゴールデンウィーク中のどんたくと重なり、待っている方も出るほど。

ちなみに私も一番乗りでした。

屋台も色々な屋台があり、メニューも豊富です。

カクテルだけ販売しているバーのような屋台も以前見たことがありました。

でも、やはり「おでん・焼き鳥・ラーメン」でしょうか。

屋台という限られたスペースで効率よく動く大将や

味まで完璧に作り上げ、来た人々を魅了する料理を出すというのが

見ていても面白いですね。


外で食べるという雰囲気は、野外アウトトドアで食べるバーベキューが

美味しく感じるのと同じですね。

また、川沿いにたくさん集まっている屋台は、

地域の一つの文化として根付いているのも凄いと思います。

全国から食べにくるのですからね。


豚骨ラーメンは本当に美味しかった。




「遊び」、「食」、「歴史」があるところには必ず人が集まります。

松山も国体後に「道後温泉」が改装されます。

これは松山市にとっては痛手ですね・・・

何か一つ、「松山に行ってみたい」という魅力を出さなければ・・・

私は眼鏡店を経営させて頂いておりますが

今後の視野として、「全国からお客様が来る店」を目指しています。

過去、山口・広島・岡山・大阪・神戸・群馬・東京・神奈川そして四国四県から

お客様が来られました。

来られた方と一緒に松山城に上ったり松山という土地を案内させて頂きました。

今後、どんな業種でも全国いや世界レベルで人が来たくなるオンリーワンを

作ることは大事なことだと思っています。

そんなの不可能?

いえいえ、やれば出来ます。

やろうという気持ちが大事です。



クロスバイク

松山市の「自転車ネットワーク計画」や、しまなみ海道のサイクリング大会など愛媛県もサイクリングブームとなっております。

私も最近、朝ジョグをする時間が無くなってきたので、何とか運動をする時間を作ろうと思い、自転車を買って通勤することにしました。
安い自転車にしようか、それともスポーツタイプのこだわった自転車にしようか迷いました
私が経営している店はハンドメイドにこだわった作り手の想いが込められた商品を扱っており、常々「モノは心を豊かにする」「掛けてワクワクするメガネが人生を楽しくする」を提唱しております。
ここは、自分の信念が変わってはいけないと思い、思い切って松山市には一店舗しか扱っていない「TREK」というスポーツバイクを買いました。近年、自転車は安くなり一万円でも買える時代になってきました。しかし、この店は違いました。最低でも7万円はするというのです。
最初ビックリしましたが、乗ってみるとママチャリとは違う推進力や坂道でも楽々と漕げる変速ギア、ボディの軽さなど魅力が一杯でした。
ふと、頭の中に・・・「しまなみ海道を走ってみたい。河川敷など走ったら気持ちいいだろうな。これなら遠くに行ける・・・」という考えが浮かびました。
さらに、自転車を買う時に、身長・体重・股下の長さ・靴の大きさなどまで計測して体型にピッタリサイズのボディを選んだりタイヤの空気圧まで合わせているため乗り心地が抜群です。
納車の日、早速乗った時の感想は「速い!これがスポーツバイクか!」でした。

やはり、値段だけのことはあるなぁと思ったのと、ワクワク感が半端ではない感じがしました。
春は桜が咲いているところを走りに行ったり春風を感じながらのサイクリングは本当に気持ちが良く、気分も爽快です。
私は趣味でマラソンもしています。(愛媛マラソンは今年も5回目の出場でした。)
ジョグではジョグの速さでの景色が見え、車では車なりのスピードで景色が見え、
自転車では自転車なりの景色が見え、目で感じるもの・心で感じるもの・肌で感じるものがそれぞれ違います。
自転車の良さは、機動力の良さで松山市内ならどこでも行けることと、小さいので駐車スペースに困らず、どこにでも停めれる(市内は駐輪スペースなどが良いですが)ことでしょうか。
スピードは出ますが、くれぐれも事故には気を付けないと駄目ですね。

私は現在フランス語をネイティブの先生に習っているのですが、その先生は今治から尾道まで自転車で走られ、海の上を走ったということと景色の凄さに感動していました。
愛媛は愛媛マラソンでマラソン文化ができ、他県からの誘致により今年の大会は約3億4000万円の経済効果がありました。

さて、自転車文化による愛媛の経済効果はいかほどになるのでしょうか?
今後が楽しみですね。

image